絵本の読み聞かせ

絵本読み聞かせってあるじゃないですか
オリジナル作れるんじゃねとなりまして、、、

------------------------------------------------------------

くすぐり太郎


昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。

おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ~ドンブラコ~と

大きな大きな「くすぐり」が流れてきました。

「なんておおきい「くすぐり」の実!」

おばあさんは大きな「くすぐり」を拾い、家に持ち帰りました。

そして、おじいさんとおばあさんが「くすぐり」を食べようと

「くすぐり」を切ってみると、

なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。

おじいさんとおばあさんは大喜び。

そして、くすぐりから生まれた男の子を、くすぐり太郎と名付けました。

くすぐり太郎は人をくすぐっては笑顔にしスクスク育ち

やがてとてもくすぐりが上手い男の子になりました。

そしてある日、くすぐり太郎が言いました。

「僕はもっと沢山の人をくすぐって笑顔がたえない世界にするため旅に出ます」

おばあさんにきび団子を作ってもらうと旅へ出かけました。

旅の途中で、イヌに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「わふわふわふ~~~ん」

イヌはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

今度はサルに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「うきゃきゃうきゃうきゃうきゃきゃきゃきゃ~」

サルはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

今度はキジに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「け~んけんけんけんけんけ~~~ん」

キジはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

やがてあるさびしそうな村に着きました。

「ここは鬼に支配された村です」

しょんぼりした若者は言いました。

「なんだって!?」

くすぐり太郎は村人をコチョコチョコチョとくすぐりました。

「あはは!あはは!あはは!あはは!
 鬼に支配されてからずっと暗い気持ちだったけど、なんて愉快な気持ちなんだろう」

と村人は言いました。するとくすぐり太郎は

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行こう!くすぐりまくって鬼を改心させよう!」

こうして、くすぐり太郎とイヌ、サル、キジの仲間は鬼ヶ島へやってきました。

鬼ヶ島には沢山鬼がいました。

イヌは尻尾で鬼をくすぐり、

サルは鬼の脇をくすぐり、

キジは羽でくすぐりました。

そして鬼の親分が現れました。

思いっきりくすぐるくすぐり太郎

しかし、鬼の親分はなかなか笑いません。

「ああっ!」

くすぐり太郎は鬼の親分に捕まってしまいました。

くすぐり太郎の腰から、きび団子が転がりました。

「なんだこれは~?」

鬼の親分はニヤニヤしながらきび団子を拾い

「こんなもんこうだ」

そういうと、鬼の親分はピンッときび団子をはじきました。

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の右足を直撃、、、

「そぉれ」

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の左足を直撃、、、

「ふっへっへ」

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の左腕を直撃、、、

ぐったりするくすぐり太郎。

誰もが、もうダメかと思ったその時

目をか細く開いてくすぐり太郎は言いました。

「右腕を残したのは間違いだったな!」

最後の力を振り絞ってこれでもかと、くすぐるくすぐり太郎

イヌ、サル、キジもめいっぱいくすぐりました。

とうとう鬼の親分が

「あはは!あは!!!参った参った降参だ~」

こうして、

世界をくすぐりで平和にしたくすぐり桃太郎とイヌとサルとキジは、家に帰りました。

おじいさんとおばあさんは、桃太郎の無事な姿を見て大喜び。

そして皆で幸せに暮らしました。

おしまい

------------------------------------------------------------


う~ん、、、

ないな!

貧血について

貧血になりました。

元々貧血になりやすいタイプだったので
薄々今回の妊娠でも貧血になるかも…とは心配していました。

なので妊娠初期から葉酸と鉄分のサプリメントはこまめに飲んでいました。
が、
先週の検診で「貧血」の診断をもらい、鉄剤を服用することに。

先生からの言葉
※『ざっくり』とこんな言葉を頂きました。先生はこんな言葉使いではない><

・レバーを食べろとは言うがなかなかレバーは摂取できないと思う

・レバー以外だと
 ・あさり
 ・青魚
 ・納豆
 ・小松菜ほうれん草
 ・肉
 なども鉄が多く含まれているのでコチラも意識する

との事、、、

お子の為にもキチンと食生活を改めようと思うので
具体的に以下の事やっていこうと思いました。

・お惣菜のレバーの串を買う
・青魚もお惣菜を買う
・コンビニでおにぎりを買うときは納豆巻きを選ぶ
・ほうれん草は冷凍野菜のほうれん草を汁物に入れる

です。

「自炊とかは?」と言われてしまいそうな内容ではあるんですが、
これでやっていこうと思います。

自炊やら無ければ、、、とは思うんですが、
今まだ派遣で働いている為、自炊がガッツリできないのです、
なので、

・お惣菜
・冷凍食品

を使うことになっています。

会社を辞めて余裕が出てきたら
もう少し自炊面を強化していこうと思っています。汗。

また、お惣菜には塩分油分が多いので他の部分で塩分油分を控えていこうとも思ってます。

最近はサラダを何もかけずに食べるようにしています。

徐々に味気ないな…とおもう頻度が減りました。徐々に。
減っただけでキューピーイタリアンドレッシングは大好き。

後はそのドレッシング自体の塩分を減らす為、

1.たまねぎをみじん切りにするボウルに入れる
2.たまねぎがヒタヒタになるまで酢とレモン汁(割合は1:1)を入れる
3.キューピーイタリアンドレッシングと混ぜる(割合は自由)
4.比較的塩分控えめ酢たまねぎドレッシング完成


このオリジナルドレッシングをやり始めたばかりの頃
工程3.でのキューピーイタリアンドレッシングと酢たまねぎぜ割合は1:1でした。

が、

今は9:1の割合で作ってます。味は
「ほぼ酢たまねぎドレッシングじゃねーか!!」
という、、、

でも酢たまねぎは健康にもよさげなのでOKOKというスタンスです。


冷凍野菜については

https://yuchrszk.blogspot.com/2016/05/blog-post_42.html

コチラの

>>採りたての野菜を新鮮なうちに食べるのがベストではありますが、なにせ冷凍野菜は便利だし

を読んだ事、プラス

「シナシナなほうれん草を使う+腐らせる可能性」
より
「冷凍によって少し栄養価が減ったほうれん草を使う+腐らせない可能性」

の方がマシ!なので冷凍ほうれん草やブロッコリーをガンガン使っていきたいと思っています。

情操教育としてやっていきたいことメモ

~情操教育としてやっていきたいことメモ~

 

■生活リズム
・夜5分でもいいから日記を書く
・毎朝本を読む
・金魚、虫のお世話をさせる
・掃除をどこか一箇所させる(台拭きとか?かな)
・朝はテレビをつけない音楽を流す
・あいさつをちゃんとさせる
 (ありがとう・こんにちは・どういたしまして・おじゃまします
  よろしくおねがいします・ごめんなさい・すいません)
・同じ時間に同じこと、同じ曜日に同じこと、同じ季節に同じ季節のイベント
・学びなどでは具体的に目標を与える
・火曜日は「英語」
・水曜日は「習字」
・9時は寝る時間と決める
・6時は起きる時間と決める
・14時は昼寝の時間と決める
・運動の習い事はひとつはさせるバレエ、水泳、体操
・虫を怖がらせない
・キャンプ、釣りなどに連れて行く
・動物を飼う(うずら、カメ、虫、金魚)
・植物を育たせる(朝顔グリーンカーテン

時々
・一緒に料理をする
・欲しい本を選ばせる
・服を選ばせる
・絵を描かせる
・工作をさせる
 →れいな木ぎれや小石や木の実、紐、布といった「素材」を渡す。
  自分で自由に色々なものに見立てて遊びます。
  木ぎれを並べて新幹線に、木の実を布で包んでお弁当に、
  自分達で遊びを作っていく。想像力を作る。
・楽器を触れさせる(鉄筋・木琴・ピアノ・マトリョミン・シンセ)
・7歳以下の子は、頭で記憶する能力は育ってない、言葉で何か教え込むことは、あまり意味がない
 大人の行動を観察し、そこから考え方や価値観まで読み取って学ぶ
・「片づけなさい」と言うよりも、自分が一緒に楽しく片づける
・「野菜も食べなさい」と言うよりも、自分が一緒に美味しそうに食べる

 

■対応
・沢山失敗させる
 →どうしたらよかったかな?と考えさせる
・お手伝いしたがったらやらせる
 →めんどくさがらない根気強く
・ほめる
 →具体的に

vやらない
・怒鳴る
・良い子だねはいわない「○○したから凄いね」
早期教育
・テレビ
・ゲーム
・完成しすぎたおもちゃ

 

■叱り方
・ダメ!で押し付けない「お母さんはそういうの好きじゃない」
・人格を全否定しない
「情けない子なの」
「あんたはいらない」
「あんた恥ずかしい」
「お母さん恥ずかしいわ」絶対ダメ
・感情的に叱らない
・「何もやらせてもだめなんだから」等の捨て台詞は絶対ダメ
・「あなたの全体が悪い」ではなく

 「あなたのした今の行為は悪い」という叱り方を念頭に置く
・ひとつのことに絞って叱る。
・叱るときは30秒以内。30秒ほどでガツンと言うのが上手な叱り方
・「なぜ、そんなことをしたのか言ってごらん」
 「どうして、それが悪いことなのか、言ってごらん」
 「宿題をサボったのはなぜ?言ってごらん」
 →脅迫的に言わない素直に言わせる。きちんと自分の意見をまとめさせる練習と思え
・母に本当の事を言い出せない空気作ってたなら母も反省する


■日常
・明日の予定など掲示板に書いておく
 →何時までに出発するからそれまでには用意してねと伝える
・「ちょっと待って」では無く「5分待って」
・レストランで子供が駆け回って騒いでいて
 「静かに!」では無く「ソローっと歩いて」「内緒話の声で話して」
・具体的な言葉で、シンプルに穏やかに伝える
・「そんな言い方してはダメ」では無く「こういう言い方をするんだよ」
・「その態度は、何なの!」では無く「こういうときはこういう事をするんだよ」
・口調や態度は自分の鏡

 

■家においておく
・歴史のマンガ
・英語
こち亀

 

■食育
・魚、野菜、フルーツはできるだけ摂取する
・嫌いな食べ物があれば自分で調理させたりする
・無理にまでして食べさせない
・はちみつに気をつける
・残しても捨てない次の食事まで取っておいて食べさせる
・頂きます、ご馳走様は言わせる
・食器は運ばせる
・食事の時はテレビをつけない
・食事の最中に遊ばせない
・キチンと座らせる
・食べれたり出来たりしたら褒める
・大きな声でしからない
・こぼしても起こらない落ちついて拭かせる

 

■頭に入れておく
・時間がかかるやり方だが、そもそも子の成長はゆっくりである事を念頭に置く。
・他の子と比べない自分のペースでしていく
・親としてどんな姿を見せようか、少しでも意識する
・ものづくりをしたいといったら思いっきりさせる
・消費だけでなく生産を考えられる子になるよう考える

 

------------------------------------------------------------

全部出来なくて良い

できたらいいな~ぐらいのメモです

------------------------------------------------------------

お子への最低限の教育について

妊娠8ヶ月目30週です

お腹も大きくなってきた

そしてお子が蹴るようになってきた

お子が産まれたら

・死なせない
毒親にならない
・虐待しない
・宗教にはまらない
・子に対してキレない

少なくともこれは最低条件で

・子供に理想を押し付けすぎない
・清潔な環境を構築する
・怒鳴り過ぎない
・沢山ほめる
・自虐的な事を自分にも子供にも言わない

この辺はも大事にしたい

・やさしく接する
・余裕を持って対応する
・人に迷惑をかけない
・子供だからといって甘やかししすぎない
・宿題をキチンをさせる
・宿題をキチンを見る
・親戚、祖母、父母、姉兄にお世話になるだろうからお礼は忘れない
・手料理を作る
・外食ばかりにしない
・バランスの良い食生活を考える
・絵本を沢山読む

ここも出来たらいいなって思ってて
ここからは自己満の世界で

・ある程度働く
・手作りお菓子を作る
・ペアルックをする
・一緒に連弾する
・シンセで一緒に遊ぶ

とか楽しいだろうな~

最初は情操教育か、、、簡単に調べたけど

・生き物に触れさせる
・絵本を読み聞かせる
・体を動かす
・絵を描かせる
・音楽をきかせる

以上を子供主体で遊ばせることが大事らしい
楽しんだら

・ほめる
・理解する
・肯定する

を親がすることも大事
なんだそう

情操教育についてはとても深いので色々本を買おうと思う

 

 

こども会無くなるのはさびしいなって

こども会無くなるのはさびしいなと思う。

最近はPTAやこども会って無い方がいい!って意見多いけど
私は子供の頃こども会で楽しい思い出があったからなくなってほしくないなって思う。

楽しい思い出って言うのは主に年に一度あるお祭りで
国宝指定されるくらい大きいお祭りがある。

子ども会に入っている子はハッピをもらって
そのお祭りの子供みこしを皆で持って町内を練り歩く。

出店は100店位はでるかな?
おみこしの後はその出店を回るのが楽しみだった。

地元の子ども会が無くなったら、そういうのがなくなるのさびしいな~って思う。

でも、おみこしとか全然興味ないしハッピなんて着なくてお祭りの出店だけ
楽しめればOKOKっていう人もいるんだろうな。

たまたま地元のお祭りは国宝!くらい有名なお祭りがあるから
伝統を守る!!キリ
みたいにいえるけど、大して伝統も無くてつまらない行事しかない
こども会やPTA活動ばっかりだと無くしてしまえ!!!って意見
増えるんだろうね。

便利便利~楽楽~の観点だけで 物事を変えてしまうのも良くないし
伝統だからそういう歴史だからで 全然変わらないもの良くない

伝統や文化とか奉仕とかもちょっと大事にして
色んな人の負担の事も考えてこども会とかPTAとか付き合って行きたいなって思った。

夫の親戚の集まりは年に二回ある

8月と12月。


レストランを貸し切ってそこで皆でご飯を食べる。


近況報告やおばあちゃんのへのプレゼントを渡したり

子供のピアノの発表会をしたりする。

 

 

今回私は妊娠したので出産予定日の報告、性別は女の子、分からないことだらけなので色々お世話になると思いますが
よろしくおねがいします。

というようなことを報告し、親戚の人と
女の子育てやすいからいいよ!
一姫二太郎になるのかな?
という事や次回の1月の集まりに連れてこれたらいいね!
などなど話した

私は帰りの車の中で
「そういえば、、、2ヶ月って外に連れ出しても大丈夫なの?」
と思った。
夫に聞いても
「そうだよね、2ヶ月ってどうなんだろ?早いのかな?どうなんだろ」

という状態で分からん分からん状態。

次の日
今度は私の実家に帰省した
二人子供を生んで今は小3小1の子供がいる姉に聞いてみた
私「2ヶ月で車で移動距離2時間のとこにいくってどう?」
と質問
姉「大丈夫大丈夫行ける行ける」
私「え~~そんな言い切れるほど大丈夫?」
姉「2ヶ月だし移動時間2時間でしょ?
  2ヶ月だとまだおっぱいしか飲まないし
  ばぶばぶしてるだけで動き回らないし
  下手に離乳食が始まった時期の方が
  やることもいっぱいあって大変だよ!」
私「そうか、、、確かに、、、」
夫「そうなのか、、」
私「え、じゃあどっちかって言うと次の1月より
  来年の8月の集まりの方が大変なの?」
姉「そうね。その時期の方が手がかかるから大変だと思う、、、」
私「まじか~」

というような感じの会話をした。
いや~為になる。
経験者はやっぱ頼りになるなと思った。