絵本の読み聞かせ

絵本読み聞かせってあるじゃないですか
オリジナル作れるんじゃねとなりまして、、、

------------------------------------------------------------

くすぐり太郎


昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。

おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ~ドンブラコ~と

大きな大きな「くすぐり」が流れてきました。

「なんておおきい「くすぐり」の実!」

おばあさんは大きな「くすぐり」を拾い、家に持ち帰りました。

そして、おじいさんとおばあさんが「くすぐり」を食べようと

「くすぐり」を切ってみると、

なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。

おじいさんとおばあさんは大喜び。

そして、くすぐりから生まれた男の子を、くすぐり太郎と名付けました。

くすぐり太郎は人をくすぐっては笑顔にしスクスク育ち

やがてとてもくすぐりが上手い男の子になりました。

そしてある日、くすぐり太郎が言いました。

「僕はもっと沢山の人をくすぐって笑顔がたえない世界にするため旅に出ます」

おばあさんにきび団子を作ってもらうと旅へ出かけました。

旅の途中で、イヌに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「わふわふわふ~~~ん」

イヌはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

今度はサルに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「うきゃきゃうきゃうきゃうきゃきゃきゃきゃ~」

サルはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

今度はキジに出会いました。

「くすぐり太郎さん、どこへ行くのですか?」

「お~よしよしよしわしゃわしゃコチョコチョコチョコチョ」

「け~んけんけんけんけんけ~~~ん」

キジはとても気持ちよくくすぐられ、くすぐり太郎の仲間になりました。

やがてあるさびしそうな村に着きました。

「ここは鬼に支配された村です」

しょんぼりした若者は言いました。

「なんだって!?」

くすぐり太郎は村人をコチョコチョコチョとくすぐりました。

「あはは!あはは!あはは!あはは!
 鬼に支配されてからずっと暗い気持ちだったけど、なんて愉快な気持ちなんだろう」

と村人は言いました。するとくすぐり太郎は

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行こう!くすぐりまくって鬼を改心させよう!」

こうして、くすぐり太郎とイヌ、サル、キジの仲間は鬼ヶ島へやってきました。

鬼ヶ島には沢山鬼がいました。

イヌは尻尾で鬼をくすぐり、

サルは鬼の脇をくすぐり、

キジは羽でくすぐりました。

そして鬼の親分が現れました。

思いっきりくすぐるくすぐり太郎

しかし、鬼の親分はなかなか笑いません。

「ああっ!」

くすぐり太郎は鬼の親分に捕まってしまいました。

くすぐり太郎の腰から、きび団子が転がりました。

「なんだこれは~?」

鬼の親分はニヤニヤしながらきび団子を拾い

「こんなもんこうだ」

そういうと、鬼の親分はピンッときび団子をはじきました。

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の右足を直撃、、、

「そぉれ」

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の左足を直撃、、、

「ふっへっへ」

ボスッ

きび団子はくすぐり太郎の左腕を直撃、、、

ぐったりするくすぐり太郎。

誰もが、もうダメかと思ったその時

目をか細く開いてくすぐり太郎は言いました。

「右腕を残したのは間違いだったな!」

最後の力を振り絞ってこれでもかと、くすぐるくすぐり太郎

イヌ、サル、キジもめいっぱいくすぐりました。

とうとう鬼の親分が

「あはは!あは!!!参った参った降参だ~」

こうして、

世界をくすぐりで平和にしたくすぐり桃太郎とイヌとサルとキジは、家に帰りました。

おじいさんとおばあさんは、桃太郎の無事な姿を見て大喜び。

そして皆で幸せに暮らしました。

おしまい

------------------------------------------------------------


う~ん、、、

ないな!